デニム生地

ジーンズ,デニム,Gパン,ジーパン,湘南,茅ヶ崎,オリジナル,限定,プレゼント,ギフト

 
touch is love ® JEANSは、シャットル織機で織られた、優しい風合いの、上質なデニム生地を使用して作られています。いわゆる、ビンテージデニムです。古くから、生地の両端にある耳の部分に (食パンの耳と同じく、端の部分) には、色分けされた糸を通していました。これが赤耳と呼ばれるデニムです。
生地工場が、出荷先であるブランドの縫製工場を間違えないようにするために、この赤い糸を目印としていたのでは?と思っています。
一般的には、生地の耳に(生地の端に)赤い糸が通っているのがカッコいいとされていますが、touch is love JEANSの考えるかっこ良さとは違います。柔らかな優しい風合いのデニム生地で、しかも、番手ミックスと呼ばれる糸の太さの違いからくる、藍色のグラデーションと錯覚してしまうほどの、デニム生地表面の凹凸感を、視覚で感じられるものが、より上質でかっこ良いと考えています。
 
 ちなみに、ビンテージデニムと呼ばれるデニムは2種類あります。
1つは、本当に19○○年のデニム生地とか、19○○年のジーンズが未使用のまま発見されてオークションにかけられたり、とにかく、「古い」デニム生地もしくはジーンズ。
もうひとつは、昔のデニム生地を再現したもの。
現在、日本をはじめ世界で売られている「耳つき」とか「赤耳」と呼ばれることの多い、デニム生地のことです。touch is love ® JEANSも、このデニム生地でできています。
この昔風の生地は、生地をつくる織機の名前からシャットル織機と呼ばれたり、巾が狭いので、狭巾(せまはば)とも呼ばれています。
そもそも、デニムなどだいたいの織物は、生地の綾(生地の表面が、ななめの線の様に見える部分)にそって、水平方向にねじれます。
一般的なデニム生地は、ねじれてしまうとジーンズの裾もねじれてしまうので、「ねじれ防止加工」を生地の段階で施されます。
だけど、このねじれ防止加工は、生地の風合いを、落としてしまいます。
逆に言うと、ビンテージデニムは、ねじれるからこそ、風合いを保っているのです。
風合いがあるのは、コットンの持つ自然な柔らかさが特徴です。
ビンテージデニムは、ねじれています。